花屋さんは人でいっぱい

食虫植物を買いにお花屋さんにでかけたら、開店したばかりなのに人が一杯。

母の日の物と一目見てすぐわかる鉢植えやオーネーションなど、またはお会計の時にラッピングをお願いする人など多数見かけました。

私も夫に母の日のプレゼントと称してブルーのバラの鉢植えを買ってもらいましたが、私も母にお花をプレゼントしてもよかったのかな?と。

数年前までは毎年母の日には贈っていました。ところが、受け取ることに慣れ過ぎたのか、喜びを表現するのが下手な人なのかわかりませんが、反応がイマイチだったんです。

贈り手にそんなふうに伝わっている行動ってどう思いますか?贈った側はやはり喜んでもらいたい気持ちでいるわけで、「こんなの~」みたいな無言の気持ちがつたわるようなリアクションの人に贈らなくなります。

いくら母親でもね。毎年ランの鉢植えを贈っていたんですよ。でも、どこにいったのか…。鉢植えだから上手に育てれば次の年も咲くのに。

大袈裟でなくていいから、素直な嬉しい気持ちなどを表現してくれていたら私にも伝わったかもしれません。演技までしてほしいとは思いませんけれど。相手への礼儀だと思います。

母にはそんな経緯があって去年くらいから贈ることをやめました。

今年も用意しませんでした。何か感じているかな?それとも気が楽になったとか思っているかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です